京都 フィドル

島袋 貞則 (しまぶくろさだのり)

4才からバイオリンを始める。大阪音楽大学声楽科在学中からフィドラーとしての活動を本格的に開始。卒業後、短期大学で音楽の教鞭を取りながら声楽、フィドル、ピアノの個人指導にあたり指導者としての研鑽を積む。2012年アイリッシュバンド「MOMONGA」を結成。イベントやライヴハウス、児童館、幼稚園、福祉施設、寺院などから依頼を受け、数多くのライブ活動を続けている。また京都伏見区を拠点に「街中に音楽の輪を広げよう」を趣旨に活動するバスカーミュージックを主宰。フィドル教室、声楽教室、市民参加型の演奏会「まちかど交流演奏会」を開催。市民コーラスグループの指導にもあたっている。まちづくり会社の音楽事業部に所属しパフォーマー・音楽企画・運営、商店街振興のための作詞・作曲を手掛けるなど多方面で活動中。・バスカーミュージック主宰・ぴあぴあコミュニティサポート合同会社音楽事業部所属パフォーマー・伏見まちかど音楽隊代表・chormarkt(合唱団)指揮者・京都西山短期大学非常勤音楽講師


アイリッシュバンド モモンガ

アイリッシュバンド「MOMONGA」

fiddle

ストリートライブ

フィドルヌーン 京都

定期ソロライブ「フィドルヌーン」

バスカーミュージック発表会(まちかど交流演奏会)

島袋 貞則

合唱団指導者として

ぴあぴあコミュニティサポート合同会社

所属パフォーマーとして